北海道デザイン協議会の活動報告

●第1回北海道デザインアワード2016の第一次審査

10月1日午前9時から、北海道デザインアワード2016の第一次審査=写真=が行われ、第二次審査に進む作品が決定しました!

最終的に集まった応募作品は、

会員部門 17名46作品

一般部門 12名23作品

先日任命した審査委員3名と実行委員6名の計9名が全作品を公平、公正に審査し、投票形式で、第二次審査に進む作品を絞り込みました。

その結果、第二次審査にノミネートされたのは、

会員部門 24作品

一般部門 13社(作品)の計37作品!

この後、実行委員会によりノミネート作品の一覧をデ協全会員に送付し、会員投票による二次審査を行います。その結果を元に、審査委員と実行委員会による最終審査が11月15日(火)に行われ、第1回の北海道デザインアワード入賞作品が決定するという流れになっております。 デ協会員の皆様には第一次審査を通過したノミネート作品の投票資料がお手元に届くまで、今しばらくお待ちいただき、全員のご投票をよろしくお願いいたします。


↑北海道デザインアワード2016 facebookページより転用/ 北海道デザインアワード2016 facebookページ


●第1回北海道デザインアワード開催のお知らせ

北海道デザイン協議会初のイベント、北海道デザインアワードを開催します。

会員の作品及び会員が推薦する一般作品を募集中ですので、デ協会員の皆様は7月31日(日)の締め切りまでにご応募ください。

応募要項はこちら。 2016award.pdf


●会員の登氏(ファシオネ)が1月22日からの札幌モーターショーに出展されます/http://sapporomotorshow.jp/


●2016年1月18日(月)

ホームページ、リニューアル


2015年の活動

●パッケージデザイン展のご案内/ パッケージ展募集要項.pdf


●2015年10月21日(水)〜25日(日)

DESIGN FESTA 2015<北海道デザイン史>/ デザインフェスタ.pdf



●2015年10月21日(水)〜25日(日)

SAPPORO DESIGN WEEK 2015/ SDW15_DMdataOL.pdf


●2015年6月27日(土)〜28日(日)

三都市+1デザイン交流会in旭川/ 三都市案内.doc

2012.09.15 北海道デザイン協議会 創立30周年記念展

● 日 時 / 2012.9.15 sat ▶ 9.30 sun

     午前10:00▶午後7:00(入場は午後6:30まで最終日は午後4:00まで)

● 会 場 / JR TOWER エスタ11階 プラニスホール

     札幌市中央区北5条西2丁目 TEL 011-213-2111

● 主 催 / 北海道デザイン協議会

● 入場無料


▽画像をクリックするとPDFでご覧頂けます。

北海道デザイン協議会30周年565_01.png 北海道デザイン協議会30周年565_02.png


1982年にグラフィックデザイナー栗谷川健一によって設立された北海道デザイン協議会は、

さまざまなデザイン分野にわたる 社会のデザインへの理解を深めていくことと、時代に応える

良質なデザインの創造を目標に活動を重ねてきました。

ベテランから若手作家までが、過去と現在、そして未来を見すえた表現で共演します。

北海道のデザインが一望できる展示にご注目ください。


会員参加

浅井洋子(ファッション)、砂金隆則(クラフト・プロダクト)、伊藤千織(家具・プロダクト)、伊藤友一(グラフィック)、大阪克彦(インテリア・プロダクト) 大嶽和子(漆工芸)、小澤武(建築)、越智真紀子(ファッション)、角本大弘(グラフィック)、川上正博(グラフィック)、木下和子(ソーイングイラストレーション) 木下泰男(建築意匠・計画・研究・都市福祉環境)、國松明日香(彫刻)、後藤精二(グラフィック)、佐藤正人(イラスト・グラフィック)、佐藤雅英(写真・出版企画) 新貝孝之(建築)、菅原耕治(グラフィック)、高野利秀(グラフィック)、伊達昌広(建築)、徳中康弘(グラフィック)、戸坂恵美子(テキスタイル) 中森明子(フラワーディスプレイ・ガーデンデザイン)、畑江俊明(グラフィック)、久居勇雄(アートディレクター)、平田まどか(造形・ディスプレイ) 平塚智恵美(企画・デザインプロデュース)、藤倉豊明(グラフィック・イラストレーション)、堀じゅん子(グラフィック)、前田英伸(プロダクト・クラフト) 三浦啓子(デジタルメディアコンテンツデザイン)、三善俊彦(グラフィック)、村田和己(グラフィック)、渡辺譲治(環境造形・グラフィック・クラフト)


一般参加

池本裕治(建築設計)、伊藤匡(グラフィック)、岡田暁(グラフィック)、岡田善敬(グラフィック)、金井英明(グラフィック)、鎌田順也(広告・キャンペーン) 川上りえ(現代美術)、川本真也(グラフィック)、菊池和広(グラフィック)、岸ちあき(ステンドグラス)、北見精吾(木工)、工藤良平・中西一志(グラフィック) 熊谷文秀(造形デザイン)、小島歌織(グラフィック)、小林仁志(グラフィック)、齋藤利明(創作人形)、齋藤三千男(グラフィック)、佐藤健一(グラフィック) 佐藤努(建築)、澤田正文(金工)、菅井淳介(ガラス工芸)、鈴木真理子(グラフィックアート)、高橋宏比公(グラフィック)、田代信太郎/木工房 湯ノ里デスク(木工) 寺島賢幸(グラフィック)、藤倉英幸(イラストレーション)、藤島喬(建築設計)、藤田直樹(グラフィック)、前田弘志(グラフィック)、森川瞬(グラフィック) 森迫暁夫(イラストレーション・アート)、矢野佳糸美(グラフィック)、矢筈野義之(グラフィック)、山本健二(グラフィック)

※50音順、( )はジャンル


【記念イベント】

北海道デザイン協議会 30 周年記念 3都市+ONE デザイン会議

         ・記念シンポジウム


9月22日(土) 14:00〜17:45

会場: tkp ガーデンシティ札幌きょうさいサロン

  (札幌市中央区北5条西2丁目共済ビル TEL011-252-3165 )


参加: 北海道デザイン協議会・旭川デザイン協議会・函館デザイン協議会・とかち帯広デザイン振興協議会会員

一般・学生 <入場無料>


<プログラム>


開会挨拶:北海道デザイン協議会30周年記念事業 実行委員長   国松明日香


14:00~15:50 <3都市+ONEデザイン会議>


     パネラー:小林謙(旭川デザイン協議会会長)・渡辺譲治(函館デザイン協議会会長)

          金澤和彦(とかち帯広デザイン振興協議会会員会長)・後藤精二(北海道デザイン協議会会長)



16: 00~17:45 <リレーシンポジウム> テーマ: 風 を 聴 き 、風 を 興 す 。


16: 00 ~ 第一部 <風を聴く>

     パネラー:金井英明・倉本龍彦(建築)・角幸博・浅井洋子・大阪克彦


17: 00 ~ 第二部 < 風を興す>

     パネラー:伊達昌広・伊藤千織・川上正博・堀じゅん子・三善俊彦

2011.10.16 SAPPORO DESIGN WEEK 2011 北海道デザイン協議会セミナー

[ トークイベント ] 北海道ゆかりの彫刻家 / 写真で回る札幌芸術散策

● 講演者 / 札幌芸術の森美術館 吉崎元章副館長、写真家 並木博夫氏

● 日 時 / 2011年10月19日(水)18:00~19:30

● 会 場 / 札幌駅前通地下歩行空間 北3条交差点広場

● 主 催 / 北海道デザイン協議会

● 入場無料


コメンテーターに札幌芸術の森美術館の吉崎元章 副館長を 迎え、あまり知られることのない 札幌に縁の深い作家の 作品・歴史、これからの野外彫刻のあり方、楽しみ方などの お話と、デザイン協議会 会員である 写真家並木博夫さん が「 札幌市ポケットブック『札幌散策』- 屋外彫刻を楽しむ小 さな旅 - 」の写真撮影にまつわるエピソードや、写真家から 見た札幌の景観と彫刻との関係、札幌の新たな散策方法な どを並木さんの写真を観ながら「札幌芸術散策」をするト ークイベントです。


吉 崎 元 章( よ し ざ き ・ も と あ き ) 札幌芸術の森美術館副館長

1962年北海道苫前町生まれ。北海道教育大学札幌分校特設美術課程卒。 札幌芸術の森に1986年のオープン時より勤務し野外美術館を担当すると ともに、1990年開館の札幌芸術の森美術館に準備期から学芸員として関 わり現在に至る。 本田明二展(1991年)、ヴィーゲラン展(1995年)などの彫刻の展覧会や、

「中根邸の画家たち」(2000年)、「さっぽろ・昭和30年代」(2010年)などの 札幌の美術を扱った展覧会、「SAPPORO IS WHITE」(2008年)「真冬の花 畑」(2009年)などの北海道の現代美術を紹介する展覧会をはじめ、多く の展覧会を手がける。また、札幌市内の野外彫刻をまとめた小冊子「札幌 散策」(2004/2010年)の編集に携わった。


並木博夫 (なみき・ひろお) 写真家

1954年東京都生まれ。1977年に日本写真専門学院を卒業。スタジオカ メラマンのアシスタントを経験後、1979年に北海道へ移住。印刷物の企 画制作会社を経て、2000年に有限会社オフィス並木を設立。現在は建築 や彫刻などを中心に撮影。世界的な彫刻家である安田侃氏の作品をテ ーマにこの10年間カレンダーを制作。イサム・ノグチ氏設計のモエレ沼 公園の撮影も手掛ける。 S T V 北2条ビルエントランスアートの作品を 2004年より撮影し、その写真で2007年よりSTV興発(株)の社用カレンダー として 毎 年 制 作 。


▽画像をクリックするとPDFでご覧頂けます。

01_hda_news_20111016.pdf 02_hda_news_20111016.pdf

2011.09.14 北海道内学生 企画展【アートに触れる-2011】

札幌駅前通地下歩行空間に北海道内の学生のアート・デザインなどの展示をすることにより

北海道民のアート・デザインへの関心を深めてもらう、また、『次の世代を育てる』ための企画展です。

北海道デザイン協議会の事業として地下歩行空間を使用するのは初めての試みとなりますので、

期間中はぜひ、札幌駅前通地下歩行空間 北4条展示空間へお立ち寄りください。


場所 … 札幌駅地下歩行空間 北4条展示空間

会期 … 9月27日(火)~10月6日(木) 展示時間10:00~20:00最終日10:00~17:00

主催 … 北海道デザイン協議会・札幌駅前通まちづくり株式会社  

協力 … Sapporo UniFes 実行委員会


参加学校 … 11校 参加学生数 … 126名

札幌大谷大学・札幌市立大・東海大学(旭川)・道都大学・北翔大学・北海学園大学

北海道教育大学(岩見沢)・北海道芸術デザイン専門学校・北海道情報大学・北海道造形デザイン専門学校

北海道大学(五十音順)


参加ジャンル・・アート・造形・デザイン・クラフト・建築 etc.

565_01アートに触れる-2011.jpg

2011.08.26 わ・た・し のメッセージTシャツ展・・フォトアルバム


▽画像をクリックするとPDFでご覧頂けます。

Tシャツ564.jpg